2016年10月17日月曜日

競技ダンス実践テクニック「枠で踊る」



2016年冒頭に行わたWDSFのプロ部門であるPD European Standardの準々決勝のもようです。

カメラワークが上からであるため、今回のテーマである「枠」をの解説に最適であるので、この動画を取り上げました。

この動画をご覧になると分かる通り、どのカップルもホールドを「ひし形」に保って踊っていることが分かります。

この男女で「ひし形」を形成するホールドの形状が「枠(わく)」です。

常にこの「枠」を崩さないように保って踊ることが、バックバランスや前かがみを防いで、正しく立つことにつながりますし、採点上で非常に重要なボリューム感を作ります。

「枠」を正しく構成するためには、男女間の中心がどこにあるかということが重要になります。

男女がホールドを作ったときの中心は、お互いの右のあばらの下のコンタクトポイントのコアです。

コアは「核」ということですが、これが男女の中心であり、いわばダンスの核とも言えます。

そのコアを中間点として、上下に線を垂直に引いたものが、ホールドにおける男女の中心線です。

つまり、コアから垂直に引いた直線がひし形の中心ということです。

中心は男性側でもなく、女性側でもなく、その中間ということです。

男性が棒立ちして、女性が腰を押しつけて踊るということではありません。

コアからの垂直な直線を中心として男女が「枠」を作り、お互いに正しく立ち、すべての動作をするということです。

「枠」を崩したときの代表的なものが、いわゆる「消防士の放水」と言われる形です。

どんなときもひし形の「枠」を崩さないように踊ることが、ダイナミズムと美を生み出し、審査員に良いインパクト与える重要な要素となります。

まあ、高齢により身体が堅くて枠どころではないと言うのが我がダンスファイナルの悲しい実情ですが、それでも「枠」を意識して踊ることは正しい立ち方につながり、正しい動きにつながり、審査員に良い印象を与えることになります。

さて、10月10日(日)に町田市成瀬総合体育館で行われた町田市市民ダンススポーツ大会において、我がダンスファイナルのKI組が市長杯スタンダード部門で準優勝し、さらには、しばらく競技会から遠ざかっていたYO/YA組が連盟杯で優勝しました。

3年前のBA組の市長杯優勝に続いて、去年はTA/FU組が連盟杯優勝、SI組が市民戦Aで優勝と、このところ、この大会のスタンダード部門での賜杯は我がダンスファイナルが独占状態となっているわけです。

当然、来年の市長杯優勝はTA・hi組ということになるわけですが、本年から市長杯はDSCJのC級以下という規定になりましたので、TA・hi組が来年の10月までにB級昇級を決めると残念ながら賜杯は他に譲ることになります。

さて、一部の日本語が通じない者を除いて、圧倒的な速さで昇級する我がダンスファイナルですが、加齢による老齢化という恐ろしい悪魔が来襲して、ほとんどの会員が、ある意味の限界であると言えます。

その解決策として、効率よく短時間に効果の出る練習方法に合わせて、細胞の老化を少しでも止める方法をカリキュラムに取り入れなくてはなりません。

細胞の老化を止めるには、血行を改善して、いかに細胞の再生・修復を良好に行うかということがポイントです。

血行改善には第二の心臓と言われる「ふくらはぎ」の筋肉の収縮が鍵となります。

そのためには、ライズ&ロアーにおいてトウ・ボール・ヒールとステップするときに、ボールあるいはトウで立つことをその人なりの最大限で忠実に行えば、スタンダードダンスの練習イコール老化防止の最高の方法ということになります。

特に、ほとんどをライズ状態で踊るクイックステップのステップホップシャッセやビニーズワルツは、老化防止の方法としては最も効果的であるわけです。

そのためにダンスファイナルでは、必要のない選手にもクイックステップとビニーズワルツを無理やり踊らせているいるわけです。

その効果なのかなんなのか、信じられないような脳と身体能力の回復を見せている選手もおられますので、健康法としての競技ダンスということからも若返りたい方は参加してください。

さらに、老化を止めるためには、当然、食事も重要な要素となります。

食事については、レッスンのときにも説明しましたが、老化物質のAGE(終末糖化産物)をできるだけ減らす食事を心がけることが必要です。

AGEは、過剰な糖質とタンパク質と熱と時間により生成されます。

そのためには、急激な血糖値の上昇を抑えることと、魚や肉類はもちろんのことすべての食材の調理法において、できるだけ高熱処理をしないということを理解しなければなりません。

生、蒸す、茹でる、煮る、焼く、揚げる、の順にAGEは多く生成されますので、フライ・天ぷら・焼肉・焼き魚・炒め物よりも、生・煮物にするということを心がけましょう。

過剰な糖質については、食べる順番によっても血糖値の上昇は緩やかになりますので、野菜・肉・魚・ごはん類・果物というような順に食べ、できるだけ糖質類を後の方にします。

また、多糖類の砂糖に比較して単糖類の「果糖」は極めて吸収が速く、いわゆる血糖値スパイクというような状態でいっきに血糖値を上昇させますので、果糖満載の炭酸飲料などを飲むときは注意が必要です。

私もこよなく愛する某ファーストフ-ドのハンバーガーとコーラとポテトフライの魅惑の組み合わせは、高レベルなAGEの摂取および生成の原因となるそうですので、今日からやめましょう。

やなこった。

にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ

<当サイトの記事について>
当サイトのダンステクニック等に関する記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。