2017年7月20日木曜日

競技ダンス実践テクニック「タンゴの理想的な踊り方」



今年の5月に行われたBlackpool Dance Festival 2017のチャンピオンであるVICTOR FUNG and ANASTASIA組によるタンゴのデモンストレーションです。

インターナショナルダンスにおけるタンゴの理想的な踊り方を学んでください。

もっとも、これは私の理想であって、何が理想的なのかは個々のレベルや感性によっても様々ですので、異論のある方にはなんとも申し上げようもございませんが、ダンスファイナルにおいてはこの動画のVICTOR FUNG選手の踊りを理想として、そのままそっくりに真似することをカリキュラムとして強制して、どの選手の潜在能力も限界まで引き出してしまった現在、これ以上の昇級が「無理」となった昨今の絶望的な状況の打開に一条の光を期待したいと思います。

現在タンゴのレッスンで指導していることも、十数年前にわたしが競技ダンスを始めた当初に、プロデビュー間もないVICTOR FUNG 選手のタンゴを真似し、パクったことが主体となっていますので、今回のBlackpool Dance Festival 2017において、同選手がついにチャンピオンになったことについては非常に感慨深いものがあります。

それはともかく、VICTOR FUNG 選手の強靭な体幹と剛直なホールドから生み出されるブレのない上半身の安定したムーブメントと、強靭な脚力から生み出される安定したステップワークと大きなストライドを何度も見て、インターナショナルダンスにおけるタンゴの理想的な踊り方はどのようにあるべきかを学んでいただきたい。

これは競技ダンスという特殊な状況ということだけではなく、ボールルームダンスを「芸術」として捉えたときの「美」でもあるわけです。

いつもレッスンで解説しているように、現在の競技ダンスでは、肩から肘までのアーム部分もボディとしてとらえて、枠としてのホールドはできるうる限り固定させることがいかに重要であるかを理解してください。

もちろん、人体はフレキシブルにできていますし、男女が組んで踊るスタンダード種目においては、まったく動かないわけにはいきませんが、ブレや無駄な動きを無くし、いわゆる「消防士の放水」という状態にならないためには、「肩から肘までを固定させる」という「概念」あるいは「決心」が必要です。

また、男女間の中心である「コア(男女の右あばら下のコンタクトポイント)」を認識し、またコアの延長線上の軸を中心とした回転軸を認識して、遠心力をコントロールすることが重要です。

そのためには従来の「男性が垂直で女性が反る」という概念を改めなければなりません。

これまでにも何度も解説していますが、安定して回転し、安定して動くためには、男女ともに同じシェイプでヘッドウエイトがコアの軸から同じ位置にあるのが当然であるということを再度認識してください。

まあ、いずれにしても、文章で表現するのは無理がありますので、レッスンのときに実演を交えて解説しますが、超初心者ぞろいのために体が硬く、また高齢のために軟骨がほとんどない状態のわがダンスファイナルの会員にはほとんど無理というシェイプもありますので、そこはそれ、「それなり」にそれに近い方向性をつかむということであるということです。

とにもかくにも、私がいつもレッスンで口を極めてののしってることのすべてが、この動画の踊りにありますので、何度も見て、正しいタンゴのイメージを脳にプログラミングしてください。

人間の行動は、何事も「脳」さらには「細胞」が勝手にやっておりますので、軽度認知症全盛の我々でも大脳のミラーニューロン(見たものを経験として認識する神経組織)はいやおうなく「それなり」に機能していることを期待しましょう。

意思や思考により身体をコントローしようと思っても、なかなか思い通りにならないのは日々のレッスンで皆さんがご経験の通りですが、逆に言えば、正しいものを見ることにより、ミラーニューロンを活用して脳神経も含めた細胞自体にダイレクトにそれを覚えこませてしまえば、身体が勝手にそのような方向性の動きになります。

それを利用したカリキュラムがスポーツにおける「イメージトレーニング」です。

動画で世界のトップ選手の踊りを見るということは、とりもなおさずその「イメージとレーニング」の最たる効果があるといえます。

ご近所の体育館やサークルで展開されるドイヒーなダンスを脳にプログラミングすることなく、世界のトップ選手の踊りをパクり、真似しましょう。

WDSFあるいはJDSFの審査基準では「オリジナリティ」という評価もありますので、他の選手のフィガーや表現をパクるあるいは真似をするというのは非常によろしくないことであるわけですが、我々のようなゴミクズカス脳なしダンサーはパクりでも物まねでもなんでもOKです。

似ても似つかないものにはなりますが、どうやってもそっくりにはなりません。

にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ

<当サイトの記事について>
当サイトのダンステクニック等に関する記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。

2017年6月9日金曜日

競技ダンス実践テクニック「正しいスローフォックストロットの踊り方」



2017 WDC Asian Tour Dance Taipei Open Professional Standard で優勝したAndrea & Sara組のオナーダンスのスローフォックストロットです。

現在、ダンスファイナルでは超初心者で能無しぞろいの会員諸氏に無理難題とも思える「正しいスローフォックストロットの踊り方」を指導しているわけです。

まあ、何が正しくて何が正しくないのかはその時の審査員のレベルにもよりますので、正しく踊ってもそれが必ずしも採点に結びつくかどうかは別問題であるとしても、皆さんがこれまでにご近所の低レベルな「悪いコーチ」に刷り込まれた「悪いワルツ」としか思えないスローフォックストロットよりは、世界のトッププロの正しい踊り方を覚える方がよろしいのは自明の理であると思います。

自明の理の用法が適切かどうかはともかくとして、さて、私がレッスンでいくら細かく解説しても、軽度認知症真っ盛りの皆さんに理解できるとも思えませんので、百聞は一見に如かずの例え通り、この大会のチャンピオン・Andrea & Sara 組の踊りでその実際を学んでいただきたい。

流れるような素晴らしいステップで、分かりやすいベーシックの部分においては私の解説通りに、3,4(スリー,フォー)のカウントでフライトして1(ワン)で体重が乗るということがわかると思いますが、チンパンジーに近い視空間認識力で右脳がほとんど機能していない皆さんには、この動画を何度見ても何のことかまったく理解できないかもしれません。

しかし、ご近所のわけのわからない先生のご教授による日本独特のわけのわからない踊り方よりは、元WDSFの世界チャンピオンで世界のトッププロであるAndrea & Sara 組の踊り方の方が正しいということは理解できるはずです。

まあ、どうしてもご近所の先生の方が正しいと思う方には、そのまま間違った方向に進んでいただいてなんら異存はございませんが、少しでも人間に近い知能をお持ちの方は私の指導に従った方が得であるということは理解の範疇であると思います。

不慮の事故によりA級を目前にして再起不能になった今は亡きBB組は当初からこのカウントで指導しましたので、音楽の素養が皆無であるにも関わらず、「正しいスローフォックストロットの踊り方」をマスターして、65歳から練習に参加して5級から4年という短期間でB級に昇給した原動力ともなったと思います。

スローフォックストロットと悪いワルツの違いは、上部を起点とした「ペンデュラム・アクション」と、下部を起点とした「メトロノーム・アクション」の違いを理解しなければなりません。

そのために、カウントの!,2(ワン,トゥ)でダウンして、3,4(スリー,フォー)でフライトまたはアップするというスイングを身に着けることが必要です。

また、基本中の基本ですが、「ロアー」と「フォール」の違いも理解することが必要です。

ワルツのスイングはロアーに加えて「フォール」によって生み出され、一方、スローフォックストロットのスイングには「フォール」は無いということを理解してください。

スローフォックストロットのスイングで重要なのは「フォール」のいわば真逆の「フライト」です。

その違いについてはレッスンで何度も解説していますが、低レベルな指導者の刷り込みが強い皆さんには理解不能に近いものがあるのが実情でであるとしても、神の思し召しにより奇跡が起きることを期待して、さらなるレベルアップを神に祈りましょう。

アメーン。

最後に2017 WDC Asian Tour Dance Taipei OpenのProfessional Standard finalの模様です。



WDSFのいわばアクロバティックとも思えるダンススポーツとしての方向性に対して、WDCのベーシックを基本とした芸術としてのボールルームダンスの方向性がわかると思いますが、やはりこれも理解不能・無理難題でしょうから神に祈りましょう。

なんまんだぶなんまんだぶ。

にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ

<当サイトの記事について>
当サイトのダンステクニック等に関する記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。

2017年4月10日月曜日

競技ダンス実践テクニック「WDSFの方向性をつかむ」



イタリアのトスカニーで開催されたWDSF Tuscany Open Adult Standard 2017のスタンダード準々決勝の模様です。

Zharkov組、Sodeika組、Glukov組、Nikitin組、Abel組、Bredikhin組といったWDSFを代表する選手も含めて、世界各国のトップ選手が踊っていますので、現在のWDSFの方向性がよくわかります。

カメラワークがローアングルで至近距離であるため、ホールドの立体感ややムーブメントの大きさなどがリアルに視認できます。

もちろん我がダンスファイナルのDSCJのB級C級以下の低レベルな能無しゴミクズダンサーには、トップ選手の高度なフィガーや卓越した技術は真似るすべもありませんが、その方向性をつかむことはできます。

そのWDSFの方向性をつかむことが、とりもなおさず、その下部組織であり皆さんが属するJDSFの審査員のニーズに答え、採点を得る上で有利になります。

まあ、何度も解説していますが、人間の脳には「ミラーニューロン」という神経組織があり、見たことを体験したことと同様に記憶し、シナプスの受容体が開き神経組織を構成するという能力があります。

つまり、見ることでそれを体験したと同様の効果をもたらすということです。

それを端的に応用しているカリキュラムが、スポーツにおける「イメージトレーニング」であるわけです。

ですから、良いものを見ることは非常に重要で効果のあることですので、この動画を何度も見て、シナプスの受容体を少しでも開けば、その方向に向かうわけです。

その方向性が審査員の方向性でもあるわけです。

まあ、そうは言っても、審査員のレベルもさまざまで、下位級の競技会では旧態依然とした緩んだホールドをよしとすることも多々ありますので、基本的に運頼み神頼みであることに変わりはありません。

しかし、それでも最新のホールドやフォルムに方向性を合わせることが、ベテラン揃いの他の選手に比べて熟練度で大きく劣り、音楽的センスが皆無で、さらには加齢による筋肉の萎縮のため脚力が衰えて大きなムーブメントは望むべくもない超初心者超高齢者揃いのダンスファイナル会員諸氏の、踊る宗教における唯一の救済の道であると言えます。

さて、この動画で、トップ選手も含めて、明らかにわかることは、ホールドのボリュームと剛直なアームポジションの維持です。

とくに、アームが緩んでいる選手は男女ともに一人もいないことが見て取れます。

そのアームも、左右ともに肩より肘が前であることを理解してください。

いつもレッスンで解説している通り、男性はバランスボールを胸の前に抱えて踊るというイメージを持つことが重要です。

このことをレッスンで毎回口を酸っぱくして解説しておりますが、まったく効果がなく、相変わらず肘を後ろに引き、女性を右わき腹に抱えて、絶望的なホールドで身動き取れなくなっています。

右脳が機能していない皆さんには、動画を見ても、平面的な2次元の画像では、肩から肘までのアームが真横に開いているように見えると思いますが、真上から見た場合には、肩から上腕部、前腕部、手までが、まさに円を描いているということを理解してください。

また、これも、いつもレッスンで毎回解説していますが、ヘッドウエイトが女性に限らず、男性も後方に弓なりに反った位置にあることが見てとれると思います。

旧来のボールルームダンスでは、男性がまっすぐに立ち、女性が反るというイメージが定着しているわけです。

しかし、スピンの多いバリエーションを踊るようになるとわかると思いますが、遠心力の中心を理解すると、当然、男女ともにヘッドウエイトが後方の同じ位置になることが重要であることがわかります。

これはバックバランスとは違い、当然、首筋は軸足の接地点に重心が乗っていますから、ヘッドが胸から斜め後方に反るということです。

背骨でいうと、首筋の付け根がら7番目のあたりを押し込むとそのフォルムになります。

この「反る」ということを勘違いすると、「そっくり返る」ことになるわけですので、そのフォルムを正確に理解して、どのくらいが適切なのかをミリ単位で確認することが必要です。

そのためにダンスファイナルではビデオを撮ることを奨励しているわけですので、これを十分に活用して、自分の胸からヘッドウエイトの傾斜位置とフォルムを確認し、アームポジションを理解してください。

自分の踊りをビデオで見ることで重要なことは、自分の思っているフォルムと実際のフォルムが違っているということを確認することです。

ビデオの映像でその違いを認識して、その違いを毎回修正して自分の思っているフォルムに近づけるということです。

それもこれも脳の認知力の問題ですので、軽度認知症まっさかりの皆さんにはまったく不可能かもしれませんが、それでも奇跡を信じてミラーニューロンの活性化に期待しましょう。

にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ

<当サイトの記事について>
当サイトのダンステクニック等に関する記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。