2017年4月10日月曜日

競技ダンス実践テクニック「WDSFの方向性をつかむ」



イタリアのトスカニーで開催されたWDSF Tuscany Open Adult Standard 2017のスタンダード準々決勝の模様です。

Zharkov組、Sodeika組、Glukov組、Nikitin組、Abel組、Bredikhin組といったWDSFを代表する選手も含めて、世界各国のトップ選手が踊っていますので、現在のWDSFの方向性がよくわかります。

カメラワークがローアングルで至近距離であるため、ホールドの立体感ややムーブメントの大きさなどがリアルに視認できます。

もちろん我がダンスファイナルのDSCJのB級C級以下の低レベルな能無しゴミクズダンサーには、トップ選手の高度なフィガーや卓越した技術は真似るすべもありませんが、その方向性をつかむことはできます。

そのWDSFの方向性をつかむことが、とりもなおさず、その下部組織であり皆さんが属するJDSFの審査員のニーズに答え、採点を得る上で有利になります。

まあ、何度も解説していますが、人間の脳には「ミラーニューロン」という神経組織があり、見たことを体験したことと同様に記憶し、シナプスの受容体が開き神経組織を構成するという能力があります。

つまり、見ることでそれを体験したと同様の効果をもたらすということです。

それを端的に応用しているカリキュラムが、スポーツにおける「イメージトレーニング」であるわけです。

ですから、良いものを見ることは非常に重要で効果のあることですので、この動画を何度も見て、シナプスの受容体を少しでも開けば、その方向に向かうわけです。

その方向性が審査員の方向性でもあるわけです。

まあ、そうは言っても、審査員のレベルもさまざまで、下位級の競技会では旧態依然とした緩んだホールドをよしとすることも多々ありますので、基本的に運頼み神頼みであることに変わりはありません。

しかし、それでも最新のホールドやフォルムに方向性を合わせることが、ベテラン揃いの他の選手に比べて熟練度で大きく劣り、音楽的センスが皆無で、さらには加齢による筋肉の萎縮のため脚力が衰えて大きなムーブメントは望むべくもない超初心者超高齢者揃いのダンスファイナル会員諸氏の、踊る宗教における唯一の救済の道であると言えます。

さて、この動画で、トップ選手も含めて、明らかにわかることは、ホールドのボリュームと剛直なアームポジションの維持です。

とくに、アームが緩んでいる選手は男女ともに一人もいないことが見て取れます。

そのアームも、左右ともに肩より肘が前であることを理解してください。

いつもレッスンで解説している通り、男性はバランスボールを胸の前に抱えて踊るというイメージを持つことが重要です。

このことをレッスンで毎回口を酸っぱくして解説しておりますが、まったく効果がなく、相変わらず肘を後ろに引き、女性を右わき腹に抱えて、絶望的なホールドで身動き取れなくなっています。

右脳が機能していない皆さんには、動画を見ても、平面的な2次元の画像では、肩から肘までのアームが真横に開いているように見えると思いますが、真上から見た場合には、肩から上腕部、前腕部、手までが、まさに円を描いているということを理解してください。

また、これも、いつもレッスンで毎回解説していますが、ヘッドウエイトが女性に限らず、男性も後方に弓なりに反った位置にあることが見てとれると思います。

旧来のボールルームダンスでは、男性がまっすぐに立ち、女性が反るというイメージが定着しているわけです。

しかし、スピンの多いバリエーションを踊るようになるとわかると思いますが、遠心力の中心を理解すると、当然、男女ともにヘッドウエイトが後方の同じ位置になることが重要であることがわかります。

これはバックバランスとは違い、当然、首筋は軸足の接地点に重心が乗っていますから、ヘッドが胸から斜め後方に反るということです。

背骨でいうと、首筋の付け根がら7番目のあたりを押し込むとそのフォルムになります。

この「反る」ということを勘違いすると、「そっくり返る」ことになるわけですので、そのフォルムを正確に理解して、どのくらいが適切なのかをミリ単位で確認することが必要です。

そのためにダンスファイナルではビデオを撮ることを奨励しているわけですので、これを十分に活用して、自分の胸からヘッドウエイトの傾斜位置とフォルムを確認し、アームポジションを理解してください。

自分の踊りをビデオで見ることで重要なことは、自分の思っているフォルムと実際のフォルムが違っているということを確認することです。

ビデオの映像でその違いを認識して、その違いを毎回修正して自分の思っているフォルムに近づけるということです。

それもこれも脳の認知力の問題ですので、軽度認知症まっさかりの皆さんにはまったく不可能かもしれませんが、それでも奇跡を信じてミラーニューロンの活性化に期待しましょう。

にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ

<当サイトの記事について>
当サイトのダンステクニック等に関する記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。